院長の紹介

出身 石川県珠洲市若山町
趣味 似顔絵、家系図作り
目標 奥能登地域の活性化

この仕事を始めたきっかけを教えてください。

2014年暮れに母が病気で入院したことがきっかけに、東京から珠洲へ戻る決意をし、治療家の道を志しました。

母の病気をなんとかしたい!と2つ上の兄と真剣に話し合いました。

「整体で母の病気を少しでも良くしたい。」

京都で整体院を長く経営している兄に背中を押してもらいながら、珠洲で開業する決意をしました。

そこからは母を看病しつつ、毎月関西へ勉強に通い、出張整体をしながら経験を積みました。

体の不調で悩む人たちが元気になって、喜んでくれることが嬉しくて、人の健康に関われるこの仕事がどんどん好きになっていきました。

そこからは順調だったのですか?

いえいえ。すぐに大きな壁にぶつかりました。

2017年1月には珠洲市飯田町に『のと整体』を開院しました。

しかし、その2ヶ月後、残念ながら母は亡くなってしまいました。(享年61歳)

母を良くしたいと思っていた僕は、心にぽっかりと穴が空き、モチベーションを失ってしまいました。

さらに、何をやっても治らない患者さんが増えてきました。そういう方ほど症状は重く、日々苦しんでおられ、要求も厳しくなります。

なのに、力になってあげることができない。同じ施術で治っていく人と治らない人がいる。なにが間違っているんだろう?

そんな風に自分を責める毎日が続きました。

そんなこともあったんですね…

2018年、もっともっと視野を広げて勉強しなければいけない。様々な勉強会に参加し知識と技術に磨きをかけました。

そんな中、大阪の先生との出会いに衝撃を受けました。

その先生にかかると、病院では原因不明と言われた不調も改善し、普通の生活を送れるようになる。

そんな奇跡のような技術力も凄いのですが、患者さんと真摯に向き合う姿勢に感銘を受けました。

その人のように出会う人達の人生を180度好転させてしまう。

僕もこんな風になりたいと心から思いました。

そこから徐々に多くの方から「ありがとう」の声をいただけるようになってきました。

大切な健康に関わることができて、面と向かって「ありがとう」を頂けるこの仕事が改めて好きになりました。

また私生活の方でも、母が亡くなってから3ヶ月後に出会った女性と結婚し、子供も授かることができました。家族を守るという新しい目標も見つかり日々充実しています。

今の自分がいるのも、これまで僕を信頼して来院してくれた多くの患者さん、背中を押してくれた兄、成長するきっかけをくれた先生、そしていつも支えてくれる家族の存在のおかげです。

今後の目標について教えてください。

母が倒れる前までは、どう生きるべきか迷ってフラフラしていた僕でしたが、今は自分のやりたいことが明確になりました。

それは、生まれ育ったこの奥能登地域の活性化です。

『ありがとう!』『おかげさまで治ったよ!』と多くの方に笑顔をいただくため、日々技術に磨きをかけ、患者さんの「こころ」を大切にできる治療家を目指していきます。

確かに奥能登の人口は減っています。

でも「人が元気になれば地域が元気になります」

そんな風に地域貢献をしていきたいと思っています。