坐骨神経痛 そもそも坐骨神経痛とは?

そもそも坐骨神経痛とは?

「坐骨神経」とは腰から足にかけて伸びている神経で、その走行に沿って現れる症状です。

多くの場合、お尻や太ももの後ろや外側、ふくらはぎ、すねなどに痛みやしびれが出てきます。

病院へ行くとレントゲン検査が行われることが多いです。これは坐骨神経痛は以下の原因が多いためです。

  • 腰の椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎圧迫骨折

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がひどい場合には手術が必要になります。
不安な時は病院でMRI検査を受けることをお勧めいたします。